メニュー

脂質異常症(高脂血症)について

脂質異常症(高脂血症)とは

脂質異常症は、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が血液中に過剰存在し、またはHDL(善玉)コレステロールが不足する状態を指します。いずれも動脈硬化を促進させる作用があります。

脂質異常の発生原因は、遺伝子異常に伴う家族性高コレステロール血症や甲状腺機能低下症などもありますが、最も多い原因は生活習慣です。脂質異常症は自覚症状がほとんどないため、健診などの採血で発見されることが多いです。

血液中にはコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸という4つの脂質が溶け込んでおり、すべてが体に必要な物質です。

コレステロールは、細胞膜の構成要素であり、LDLやHDLなどのリポ蛋白により運搬されます。LDLコレステロールが血液中に増えすぎ、過剰になると、各組織の細胞に運ばれる前に動脈の壁に沈着し、動脈硬化を引き起こし、様々な病気の原因となります。一方、HDLは組織で余ったコレステロールを回収し、肝臓に戻す働きをするため、少なすぎると同様に動脈硬化が進行する原因となります。

中性脂肪は生きるために必要なエネルギーの一つですが、過剰になると脂肪組織に蓄積され、内臓脂肪となります。中性脂肪が溜まりすぎると、脳卒中や心筋梗塞の原因になります。

脂質異常症と診断する上で、基準が決められています。血液中の脂質濃度が基準値から外れると、脂質異常症と診断されます。ただし、この基準に当てはまる場合でも、必ず薬物治療が必要というわけではありません。

脂質異常症の診断基準(すべて空腹時採血)

高LDLコレステロール血症=LDLコレステロールが140mg/dL以上

低HDLコレステロール血症=HDLコレステロールが40 mg/dL未満

高中性脂肪血症=中性脂肪が150 mg/dL以上

脂質異常症(高脂血症)を放っておくと

脂質異常症を放置すると、症状は見られませんが、体内では異常が起こっています。

LDLコレステロールが増加すると、動脈の壁に傷がつき、動脈内壁にコレステロールが蓄積します。

動脈内壁に入り込んだコレステロールは細胞に取り込まれ、血管内腔側に軟らかく破れやすいプラーク(粥腫)と呼ばれるコブをつくります。血管内腔が狭くなり、このコブに亀裂が入りやすくなります。できた亀裂を補修するために、血小板が集まって血栓ができ、血管がつまってしまいます。

心臓の血管がつまった場合は、心筋梗塞、狭心症を引き起こし、脳の血管がつまった場合は脳梗塞になります。このような重篤な状態になって初めてこの病気を自覚する人も少なくありません。

中性脂肪が多い場合は、HDLコレステロールが低下し、血管内で余ったコレステロールが回収されなくなり、同様に血管壁にコレステロールが蓄積、血管がつまりやすくなります。中性脂肪が1,000mg/dL以上の非常に高い状態が続くと、激痛を伴う急性膵炎が発症することが知られています。

脂質異常症は糖尿病や高血圧、肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝を合併することもあります。高血圧を合併すると血管に圧力がかかり、血管の内壁が傷つきやすく、動脈硬化が進行しやすくなります。

生活習慣の改善について

■LDLコレステロールを下げるために

まず、食事に含まれる飽和脂肪酸を減らしましょう。飽和脂肪酸はLDLコレステロール値を上昇させる作用があり、肉の脂身(バラ肉の白い部分や鶏肉の皮など)やバター、ラード、生クリームなどに多く含まれています。パームヤシやカカオの油脂、インスタントラーメンなど加工食品にも多く含まれています。冷蔵すると固まるような油脂には飽和脂肪酸が多く含まれていますが、サラダ油や魚油のように冷蔵しても液体の油は、不飽和脂肪酸が多く含まれています。

次に、食事に含まれるコレステロールを減らしましょう。食事中のコレステロールは主に鶏卵の黄身や魚卵に多く含まれています。

高LDLコレステロール血症と言われたら、まず飽和脂肪酸、次いで卵などコレステロールの多い食品を食べすぎないようにしましょう。

■中性脂肪を下げるために

エネルギー量のとりすぎにも注意しましょう。特に、甘いものやアルコール、油もの、糖質のとりすぎは避けましょう。

砂糖の入ったソフトドリンクも飲むのを控えましょう。これらの摂取を控え、運動を心がけて減量すれば、中性脂肪を下げることができます。また、青魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸は中性脂肪を下げる働きがあるため、摂取をお勧めします。

HDLコレステロールが低値になると、中性脂肪も高くなりやすくなります、運動や減量、禁煙をすることで、HDLコレステロールが上昇することが考えられています。

また、アルコールの摂取は高血圧や肝障害を悪化させるため、1日の飲酒量を抑え、休肝日を設けるようにしましょう。

 

脂質異常症(高脂血症)の治療

脂質異常症の治療管理は通常、食事療法と運動療法による生活習慣の改善から開始します。そして、食事療法と運動療法を十分に行っても、LDLコレステロール値や中性脂肪値が思うように下がらない場合、薬物による治療を開始するか検討します。

現在、多種多様な薬が開発され、使用することができます。

しかし、LDLコレステロールや中性脂肪の値だけで、薬の種類や量を決定することはできません。年齢、性別、危険因子の数、高血圧や糖尿病、冠動脈疾患などの合併症の有無、既往歴、家族歴などを点数化し、治療方針を決定しています。

高血圧や糖尿病など多くの危険因子を持つ方や、家族性高コレステロール血症と診断された方は、動脈硬化による病気のリスクが高いため、すぐに薬物療法を開始することがあります。

ただし、どの薬でも副作用が出る可能性があります。薬の種類や個人の体質によって、副作用は異なります。また、他の薬と一緒に服用することで、副作用が出やすくなることもあります。

なお、薬の内服を始めても、食事療法や運動療法はやめずに継続してください。生活習慣を修正することで、薬の有効性が上がり、最終的には薬を終了することもあります。

しかし、長期間の生活習慣の乱れによって発症した脂質異常症は、治療期間も長くかかります。検査値が良くなったからと言って、自己判断で薬をやめてはいけません。一時的に検査値が正常になっても、通常それは薬の効果によるものです。そのため、薬を中止すると、元の検査値に戻ってしまうことがほとんどです。

脂質異常症や高脂血症は、生活習慣の改善や薬物療法などの継続的な治療によってコントロールすることができます。そのためには、定期的に内科を受診し、検査を受けることが大切です。

現在の症状がなくても、お気軽に当院までご相談ください。

一覧に戻る

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME