メニュー

院長の最新論文紹介

COVID-19パンデミックにおいて、喘息患者への吸入コルチコステロイド(ICS)の処方が増えている(イングランドの報告)(2022.01.16更新)
Tweet   今回は、Lancet Respiratory Medicine誌のSPOTLIGHT(スポットライト/注目)コーナーの記事を紹介します。 COVID-19のパンデミックでは、… ▼続きを読む

ぜん息をもつ若者に対しては、同じようなぜん息をもつ若者にぜん息自己管理方法を指導させた方が良い(JAMA誌の報告)(2022.01.10更新)
Tweet   喘息治療薬の最近の進歩は著しく、この20年で喘息死は減少しています。 ここで治療薬という用語を使いましたが、実は正確ではありません。治療薬というと喘息を治す薬という意味になっ… ▼続きを読む

オミクロン株が確認された後の南アフリカ入院COVID-19患者の特徴(JAMA誌の報告)(2022.01.02更新)
Tweet   南アフリカで最初にオミクロン株が確認されたのが2021年11月、あっという間に世界中でオミクロン株が確認されるようになりました。今までの新型コロナウイルスと比べると、オミクロン… ▼続きを読む

オミクロン株の冬―進化するCOVID-19パンデミック(JAMA誌の視点)(2021.12.26更新)
Tweet   今回取り上げる論文は、2021年12月22日の米国医師会雑誌(JAMA)に掲載されたViewpoint(視点、観点、見地)です。アメリカ医師会がオミクロン変異株に対する現在の考… ▼続きを読む

デュピルマブ(デュピクセント🄬)はコントロール不良の小児喘息にも有効(NEJM誌より)(2021.12.19更新)
Tweet   小児喘息では成人喘息とは異なり、喫煙や肥満の影響が少なく、アレルギーの関与が大きいといった特徴があります。特に、小児の場合、喘息の重症度が高くなるほど、親をはじめとする介護者の… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME