メニュー

禁煙、環境に関する論文

タバコや大気汚染などが、肺がんや喉頭がんの発生率や死亡率にどれぐらい影響するのか:世界疾病負荷調査2019(Lancet Resp Med誌)(2021.08.22更新)
今回紹介する論文は、肺がんや喉頭がんなど呼吸器系のがんの発生率および死亡率と、関連するリスク因子を、世界中の国々と地域で比較した研究です。 発展途上国でも、先進国でも、タバコが呼吸器系ガンのリスクに… ▼続きを読む

妊娠中の妻をもつ夫を禁煙させるには(JAMA誌の報告)(2021.07.11更新)
女性はタバコを吸っていても、妊娠するとほとんどの人が禁煙するようになりました。しかし、妊婦のパートナー(夫)はタバコを吸い続ける人が多いのです。自分のタバコの煙が、生まれてくる自分の子供に悪影… ▼続きを読む

この30年で世界の喫煙率、タバコによる死因は減少したのか(LANCET誌のGBD研究より)(2021.06.27更新)
WHOタバコ規制枠組条約(FCTC)をご存知でしょうか?2005年に発効したFCTCは国際的に拘束力のある法律です。日本政府もこの条約に同意し、署名しています。   FCTCが発行して14年が経っ… ▼続きを読む

大気中の一酸化炭素は日々の死亡率に影響を与える(LANCET Planetary Health誌より)(2021.04.18更新)
一酸化炭素(CO)といえば、「火事や換気不十分な暖房が原因となった不完全燃焼で死亡」といったニュースのことを思い出す方が多いのではないでしょうか?   COが大量に発… ▼続きを読む

ヨーロッパの都市によって、大気汚染による早期死亡率が異なる(Lancet Planetary Health誌より)(2021.02.14更新)
大気汚染が、さまざまな病気の原因、死亡の原因となっていることを知っている人は少ないのではないでしょうか。我々が常に体内取り込んでいる空気には、PM2.5やNO2など有害な汚染物質が含まれています。… ▼続きを読む

住宅の断熱化と入院率は関連するかもしれない(BMJ誌より紹介)(2021.01.30更新)
なんのために、住宅に断熱材を使用するのでしょうか。屋内でいるときは寒いより暖かい方が過ごしやすいからというのが第一の理由、断熱性が悪いと暖房費がかかるというのが第二ではないでしょうか。これを地… ▼続きを読む

非喫煙者一人が受動喫煙が原因で亡くなるのに、何人の喫煙者が関与するのか。(2020.03.29更新)
受動喫煙により、がんや子供の喘息などの病気のリスクが上昇することはよく知られています。そのため、日本では健康増進法が改正され、本年4月から原則屋内禁煙になります。しかし、「受動喫煙によりタバコを吸… ▼続きを読む

禁煙したりタバコの本数を減らしても、肺機能が低下していくスピードは元通りにはならない(2019.10.20更新)
肺機能は年齢と共に低下することがわかっています。子供の頃から綺麗な空気のみ吸っていれば肺の老化が抑えられ、肺年齢を若く保つことができます。しかし、タバコの煙や大気汚染などで私達の気管支や肺は炎… ▼続きを読む

電子タバコはニコチン代替療法より禁煙に有効?(2019.04.21更新)
今回紹介する論文は、英国で行われた電子タバコとニコチン代替療法(ニコチンパッチやニコチンガムなど)のどちらが禁煙に有効なのかを無作為化比較試験で検証しています。本研究で使用している電子タバコは… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME