メニュー

院長ブログ

偶発的に見つかった肺結節の診断をするために、検査を徹底的にしてもしなくても、その結果は同じなのか?(JAMA誌からの報告)(2021.02.21更新)
肺がん検診や、人間ドックのCT検査などで、肺に結節(丸い影)が見つかることがあります。ご自分の肺に結節が見つかって要精査という結果が返ってきた人は、とうとう肺がんになってしまったと不安になるこ… ▼続きを読む

Is the result same? More intensive examination should be performed to diagnose an incidentally detected lung nodule? (Report from JAMA)(2021.02.21更新)
Lung Nodules (round shadows in the lungs) may be found in lung cancer screening by chest X-ray or CT… ▼続きを読む

ヨーロッパの都市によって、大気汚染による早期死亡率が異なる(Lancet Planetary Health誌より)(2021.02.14更新)
大気汚染が、さまざまな病気の原因、死亡の原因となっていることを知っている人は少ないのではないでしょうか。我々が常に体内取り込んでいる空気には、PM2.5やNO2など有害な汚染物質が含まれています。… ▼続きを読む

低酸素血症の患者さんへの酸素投与量の目標値は低い方がよいのか?(NEJM誌より紹介)(2021.02.07更新)
肺炎や敗血症などが原因となり、ARDS(急性呼吸窮迫症候群)、低酸素血症をともなう急性呼吸不全を来たすと、集中治療室(ICU)などに入院とし、人工呼吸管理を含む高度医療を行います。患者さん体内… ▼続きを読む

住宅の断熱化と入院率は関連するかもしれない(BMJ誌より紹介)(2021.01.30更新)
なんのために、住宅に断熱材を使用するのでしょうか。屋内でいるときは寒いより暖かい方が過ごしやすいからというのが第一の理由、断熱性が悪いと暖房費がかかるというのが第二ではないでしょうか。これを地… ▼続きを読む

オックスフォードとアストラゼネカによる新型コロナウイルスワクチンの有効率は70.4%(LANCET誌の報告)(2021.01.17更新)
2020年12月のNEJM誌に相次いで発表された、ファイザー社の新型コロナウイルスワクチン(BioNTechとファイザーによる新型コロナウイルスワクチンの詳細なデータがNEJM誌より発表)、モ… ▼続きを読む

モデルナ社の新型コロナウイルスワクチンは94.1%の有効性(NEJM誌より報告)(2021.01.10更新)
2020/12/10のNEJM誌に発表され、欧米ですでに接種が始まっているファイザー社の新型コロナワクチン(BioNTechとファイザーによる新型コロナウイルスワクチンの詳細なデータがNEJM… ▼続きを読む

フランスにおける新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの特徴,罹患率,死亡率の比較(Lancet Respir Med.誌よりの報告)(2020.12.27更新)
2020年12月17日のLancet Respir Med.誌に、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザウイルスの比較研究が掲載されたので紹介します。フランスのみの後方視的研究ですので解釈には要… ▼続きを読む

短時間作用型β2刺激薬(SABA)を過剰に使用すると、喘息の増悪(発作)および死亡リスクが上昇する(ERJ誌からの報告)(2020.12.20更新)
喘息の治療薬として最も古くから使用されている吸入薬として、短時間作用型β2刺激薬(SABA:Short Acting Beta2 Agonist)があります。メプチン®、サルタノール®、ベロテ… ▼続きを読む

BioNTechとファイザーによる新型コロナウイルスワクチンの詳細なデータがNEJM誌より発表(2020.12.13更新)
BioNTechとファイザー社による新型コロナウイルスワクチンの接種がイギリスで始まりました。ワクチンの有効率は95%だという報道がなされていましたが、詳細なデータは今まで明らかにされていませんでした… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME