メニュー

院長ブログ

肺CT検診のメリットとデメリット(2018.01.17更新)
CT検診のメリットは何といっても、胸部X線写真(胸部Xp)では発見できないような影をCTでは見つけることができることです。   胸部Xpは肺全体を1枚の写真でみるのに対し、CTは肺を約1… ▼続きを読む

肺がんの早期発見(2017.12.24更新)
肺がんは非常に治療成績の悪い(予後が悪い)病気です。国立がん研究センターの最新の調査によると、2016年にがんで亡くなった患者さんのうち最も多い病気は肺がんです。新たに診断される癌の中で、肺がんは… ▼続きを読む

X線と医療(2017.11.29更新)
X線はドイツの物理学者であるヴィルヘルム・コンラート・レントゲンが1895年に発見した放射線の一種です。   X線のXは数学の「✘」で、未知の放射線という意味であった… ▼続きを読む

COPDの病態(2017.11.23更新)
ロウソクの火を消すときをイメージして下さい。大きく息を吸って、ふうーと息を一気にはきますね。ゆっくり息をはいてもロウソクの火は消えません。COPDの患者さんは一気にはく息のスピードが健康な人よりも… ▼続きを読む

COPD(慢性閉塞性肺疾患)という病名について(2017.11.05更新)
「あなたの病気はCOPDです」と言って、理解してくれる患者さんはまずいません。日本人の死因の第10位はCOPDですが、COPDの知名度はとても低いです。COPDはアメリカやヨーロッパが命名した… ▼続きを読む

睡眠時無呼吸症候群 その3 検査について(2017.09.18更新)
睡眠時無呼吸症候群(SAS)を診断するためには2種類の検査が必要です。   まず、クリニックにSASが疑われ患者さんがいらした場合、問診および日中傾眠の程度を評価するアンケートに記入… ▼続きを読む

風邪と喘息(2017.09.13更新)
「風邪の時だけ喘息になります。」「季節の変わり目だけ喘息になります。」 と、患者さんによく言われます。   日本語として正しいですし、意味もよくわかります。しかしながら、医師、特に… ▼続きを読む

睡眠時無呼吸症候群とは その2 合併症について(2017.09.10更新)
睡眠時無呼吸症候群(SAS:サス)の患者さんでは、睡眠が浅く熟眠感が得られないため、日中の眠気が強くなり、会議や車運転中に眠ってしまいます。電車やバスの運転手さんが居眠り運転をすると社会問題になり… ▼続きを読む

睡眠時無呼吸症候群とは その1 病態の説明(2017.09.06更新)
睡眠時無呼吸症候群とは、眠っているときに呼吸がとまってしまう病気のことをいいます。SAS (サス、Sleep Apnea Syndrome)と略されて呼ばれています。 SASはいびきをかく人に多い病… ▼続きを読む

喘息の季節(2017.08.28更新)
今年の仙台は梅雨があけても毎日雨が降っています。気温はさほど上がらず、夏なのに長袖を着たくなるような肌寒い日も多いです。湿度は70-90%で不快な日々が続いています。一方、このような天気で喜んでい… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME